ワインズ・オブ・チリ・アワード

開催報告

2013年3月11日(月)、大好評のうちに終了いたしました。
ご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。
なお、当日のセミナーに使用した資料を下記に公開させていただきます。

◆当日のスライド
・業界向けセミナー「チリワインとテロワール」PDF pdf
・愛好家向けセミナー「もっと知りたい!チリワイン」PDF pdf

◆田辺由美スピーチ動画

http://www.youtube.com/watch?v=9C75U3JwUvM

◆PHOTO GALLERY ※クリックで拡大します

  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
  • チリワインセミナー
開講日時 2013年3月11日(月)13:00〜21:00
●プレス記者会見 13:30~13:50(プレス35社参加)
●第1部試飲会 13:00~17:00(流通業・小売業・料飲店対象)
 ※セミナー 1回目14:00~14:45、2回目15:30~16:15 合計120名以上参加
●第2部試飲会 18:30~20:30(有料試飲会:一般愛好家対象)
 ※セミナー 18:30~19:00 60名以上参加
●チリ・プレミアム・ワイン・ディナー 19:00~21:00 27名参加
出展者 インポーター25社
来場者総数 601名
東日本大震災チャリティ

会場設置募金箱、及び愛好家参加費の一部 総額55,850円を、
一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構へ寄付させていただきます。
●チリ・プレミアム・ワイン・ディナーの収益金でチリワイン36本を購入し、
一般社団法人 料理ボランティアの会主催の食事会(3月14日宮城家石巻市)へ送付させていただきます。

田辺由美よりコメント

第10回アニュアル・ワインズ・オブ・チリ・アワード2013

2013年1月7日から10日の4日間にかけ、チリの首都サンチアゴ、リッツ・カールトンホテルで記念すべき、第10回アニュアル・ワインズ・オブ・チリ・アワード2013が開催されました。日本からは日本ソムリエ協会の岡会長と私が招聘され、毎年驚くべき品質の向上が顕著なチリワインを評価し、最終日にあたる1月10日には15のカテゴリー別にカテゴリー・トップそしてグランプリとも呼ばれる、チリワインの最高峰を審査しました。この機会によって、新しいワインのスタイルを知り、さらなるチリワインの可能性を感じることができました。
この素晴らしい受賞ワインを取り揃え、皆様に味わっていただく展示試飲会を3月11日(月)に開催いたしました。
ご協力いただきました皆様にお礼を申し上げます。

なお、今回のイベントの入場料の一部は、下記2団体を通じて寄付させていただきました。
一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構
一般社団法人 料理ボランティアの会

10th Annual Wines of Chile Awards 2013とは~

アニュアル・ワインズ・オブ・チリ・アワードAWoCAはチリで最も重要なコンペィテション
アニュアル・ワインズ・オブ・チリ・アワード (AWoCA)はチリワインのワインコンペテションとして最も重要なイベントです。今年で10回目を迎えるこの品評会は、毎年世界各地のワインジャーナリスト、ワインのオピニオンリーダーを審査員として、本年度(2013年)は初めて、輸出先としての伸びが著しいアジアから6人を迎えることになりました。日本からの代表2名を含め、大切なアジア市場の6名の審査員は、種類、スタイル、テロワールの異なるワインをテイスティングし、評価することになりました。審査は15のカテゴリー別に行われ、90のワイナリーの600種を超えるワインの中からそのカテゴリー別に最高のワインが選ばれました。審査は4日間にわたり、まずは銀賞、銅賞の審査が行われます。最終日には金賞そして一部、銀賞高得点のワインを全員でブラインドテイスティングを行い、カテゴリー・トップ賞が選定され、その後最終日には審査員による総評やアジアマーケットについてのセミナー、審査発表そしてガラディナーが開催されました。

ページトップへ